副業の在宅ワークと内職の違い

2014-04-21

副業には在宅ワークという種類もありますが、内職との違いは何なのでしょうか。
内職と在宅ワークは同じ副業だと思っている人も多いかもしれませんが違いがあります。

意味としてはどちらも自宅でできる、自宅での仕事ということになるかもしれませんが、違う仕事なのです。内職、これは家内労働法という法律があり、一部を除いて特定の業種が決まっています。

家内労働法は内職に適用される法律で在宅ワークでは適用されません。
工賃の最低額や安全で、そして衛星でその他かない労働者に対しての必要なことがまとめてある法律です。
この法律で定められた労働条件の基準は最低なので、これ以下の内職を受けている人は、申し出ることができます。

それに対して在宅ワークですが、これは仕事を委託する会社があってその仕事を在宅で引き受ける仕事のことになります。在宅ワーカーは先ほどの内職の法律は適用されませんので、在宅ワークの適正な実施のためのガイドラインというガイドラインがあります。

この中では委託する人は在宅ワークの契約をする際は仕事の内容、報酬額、納期や支払日を明確にした契約条件の文書を出すことを義務付けています。そして報酬の支払期限についても30日以内、長くても60日以内としています。

在宅ワークをはじめるに当たって契約書は必ず必要ではありませんが、万が一のトラブルに備えて用意しておいたほうが安心かもしれませんね。なかなかクライアントに契約書の作成について切り出すことは難しいという人もいるのですが、契約書を交わしたほうが気持ちよく仕事をすることができるでしょう。

在宅ワークでの契約書は2種類あり、継続的に仕事が発生する場合に作る基本契約と、個別の仕事の納期を決めた発注書があります。
在宅ワークの場合は自宅で仕事をすることができるので、副業としてサラリーマンや主婦に人気があります。納品などもネットを通じて行うことができるという点でメリットが大きいのです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.