在宅の副業で納期をしっかり守る

2014-03-13

副業を在宅の仕事でやる場合、確かにこう言った仕事は時間の自由が効くので正業をしながらでも空いた時間にという事が出来るのが魅力です。
しかし、この時間の自由が効くというのも前提としてちゃんときめられた期日までに納期を守るという事があります。
逆に言えば、納期が守れない場合は時間が自由に効くなんてことを言っていられないわけですね。
あくまで、時間の自由というのはきっちりと定められた納期を守れる事が前提条件になっているという事をお忘れなく。
しかし、人間ですからどうしても納期を守る事ができなかったりオーバーしてしまうような事態という事が発生してしまうこともあります。
しかし、そういう時はギリギリまで粘るのではなく自分でしっかりと予定を組んで納期が守れなさそうな日は納期を迎える前に自分でしっかりと会社に連絡をして納期を延ばしてもらえるように打診しましょう。
こうすれば、納品される会社側も前もって納期を延ばしたりして調整したりすることもできますので極力迷惑をかけなくて済むようになるというわけですね。
勿論、クライアントによっては納期の延長は認められないというようなところもありますのでそちらの場合はとにかく無理をしてでも納期を厳守を心がけましょう。
そもそも、こういった副業にするような在宅の仕事というのはそこまでぎりぎりの納期を求めたりするようなところはありません。
どんなに短くても、基本的に一週間以上の納期の余裕は認められている事が殆どなので、自分でしっかりと時間をやりくりさえすれば守る事が可能になっています。
例えば、正業が思ったより重なってしまったからだとかやむを得ない理由の場合はちゃんと理由も添えて納期の延長をお願いするようにしましょう。
そして、納期の延長も極力せずにあらかじめ早めに完成させておくよう心がける事が副業とは言え大切なことです。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.